長く住むことができる家づくり

耐震性と耐久性はしっかりと!

日本は地震の多い国だからこそ、そのリスクにはしっかり備えたいものです。大切な家族が住まう場所だからこそ、しっかり実験を重ね、耐震性が確認された構造のものでないと心配ですよね。そうゆう点において、信頼できるハウスメーカーでの家づくりが大事になってきます。
また、長く住むことができる家を作るためには、耐久性も欠かせません。自分の代だけでなく、子供たちの代でも愛着を持って住むことができる家づくりをしたいものです。気候の変化や衝撃から家を守る外壁には、劣化が少なく強さを兼ね備えたものが必要でしょうし、湿気の多い土地だからこそ、腐食やカビのない工夫のされたものがいいでしょう。
やはり、家のつくりは、耐震性と耐久性にこだわったものがいいですよね。

安心の長期保証のある家

せっかく、お金をかけてこだわった家を建てても、長い人生何が起こるかわかりません。だからこそ、しっかりと長期保証のある家にしたいものです。長期保証があるということは、建てる方もそれだけ、自信をもっているという事。
日本の家の寿命は30年ほどといわれています。ちょうど自分たちが年を取った頃にリフォームを繰り返さなければならない・・なんてことになったら金銭的な負担も大きいですよね。また、自分の子供たちの代に、いい状態で家を残してあげられないというのも、悲しいものです。
定期的な点検や、メンテナンスを続けてもらえて、かつ何かあったときには保証してもらえる家。人生80年といわれる現代だからこそ、そんな家で最期の時まで安心して暮らしたいですね。